読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきばた

ゆきばたの果てしない戯言

ラフランスとおフランスの違い

 

1年ほど前、ふと疑問に思ったこと

 

 

f:id:yukibata:20160313171623j:plain f:id:yukibata:20160313171627j:plain

 

 

それが「ラフランスとおフランスの違い」です

 

 

いやいや

「片方は『果実』で、もう片方は『国』でしょ」
と、思うかもしれません。


違いとか無くて全く別物と思うかもしれません。

私もそう思っている時期がありました。

 

そもそも「違い」という言葉は、
「似て非なるものの差分」として良く使われます


「日本語」と「英語」の違い はOKですが
「木魚」と「ぺペロンチーノ」の違い は「??」です。

 

そうです。この定義でいくと、そもそも比べようがない
という結論になりそうです。

 

 

でもですね、調べてみました。お付き合いください。

 

 

まずは、おフランス


フランスのことを言うにあたって、
そのステレオタイプをいささか揶揄気味に強調した表現。

赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』で、
自称フランス帰りを鼻にかけたキャラ・イヤミのセリフに
頻出したのが起源と思われる。 

f:id:yukibata:20160313164100j:plain


ちなみに、イヤミのモデルとなった「トニー谷」さんという方が
最初に発した表現で、その関係でイヤミが由来となっている説もあります。


これつまり、フランスを指しているってことですね。
英語でいうと"Ah France"でしょうか。

 

 

次に、ラフランス

「ラ・フランス」と表記されること(ドットで区切る)がしばしばあり、
フランス原産の洋なしのことである。

ラ・フランス - Wikipedia


1864年頃
フランスの BLANCHET CLAUDE(クロード・ブランシュ氏)により発見され、

あまりのおいしさに「我が国を代表するにふさわしい果物だ」
と称えたのが「ラ・フランス」という名前の由来とされています。

美感遊創「旬の歳時記」 | サントリーウエルネスオンライン[公式通販]

 

f:id:yukibata:20160313164503j:plain

「おおおぉ!これぞフランスの味や!」


と言ったところでしょうか。


つまりは、フランスを指しているってことですね。
"La France"と書くそうで、英語でいうと"The France"かな。

 

お分かりですか
両者の語源とも、同じフランス国を指しているという意味になります。

 

ここまで来ると、どちらも
最初に言った「似て非なるもの」に入り込んでくるのではないでしょうか。

 


うん、きっとそうだ。

 

結論「ラフランスとおフランス」の違い

 

    両者ともフランスという国を由来とする表現で、
    ラフランスは、フランスを意味する果実
    おフランスは、フランスを意味する揶揄表現である。

 

ということになりました。

 

これまたひとつ、脳に刻まれましたね。

結論が出てよかった!!

 

 

 

さて、

せっかくなので、フランスの話題をもう少しだけ。
日本人が勘違いしてるフランス語の紹介です。

 

 

# 1. ルージュ(Rouge)

f:id:yukibata:20160313164830j:plain

これ、日本では、口紅を差して使っていると思うんですが、
フランスの意味だと「赤色」という意味らしいです。

きっと、最初に日本語とフランス語を翻訳した際に、

フランス人女性が(口紅が赤いことを差して)「素敵なルージュでしょ」
日本人「なるほど、口紅はルージュって意味か!」
と勘違いしたんでしょうね。


赤紫色の口紅をしたフランス人女性に「グッドルージュ(^ω^)」
なんて言ったら、ビミョーな雰囲気になるでしょうね・・・

 

# 2. アラカルト(a La Carte)

f:id:yukibata:20160313165031j:plain

日本のレストランのメニューでアラカルトと目にすると
様々な前菜などが盛られていたりするものがありますが、

本来は、単品注文って意味です。

つまり正しい使い方としては、こうです

「てきやきバーガーをアラカルトでテイクアウト

 

 

# 3. ラフランス

はい、そうなんです。
衝撃の事実を知ってしましました。

私たちがラフランスと呼んでいるもの、
フランス人の彼らにとっては、
ラ・ポワー(La poire)と呼んでいるらしいです。


「これぞ我が国を代表する果実!」
にはならなかったんでしょうね。


以上が今回の調査でした。

 

 

私の好きなフランス語は
「ア・ザブ・ジュボァーン」(麻布十番)です。

 

 

 

 [image from]
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2003/11/post_78.html
http://blogs.yahoo.co.jp/naritaburaian915/39437674.html
http://fishand.tips/blog/20blogs_france/
http://labaq.com/archives/50802273.html
http://www.okagemairi.com/alacarte.html