読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきばた

ゆきばたの果てしない戯言

脱出不可能と言われたアルカトラズ島 知識編

 

脱出不可能の島「アルカトラズ島」

 

f:id:yukibata:20160424223809j:plain

 

ふと、ここに行きたいと思い立ち

数年前にサンフランシスコへと旅行をしました。

 

アルカトラズ島って?場所は?

 

アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコの湾に浮かぶ島

「脱獄の出来ない」「もっとも有名」と形容された

かつての「刑務所」です。

いまでは観光地として毎日多くの観光客でにぎわっています。

 

f:id:yukibata:20160424224051p:plain

 

1934年から1963年までの約30年間にわたって

連邦刑務所として使用され1500人以上の囚人が

ここに収監されていたと言われています。

 

どうしてそんなに有名なの?

 

アルカトラズ島が有名になったのは、その環境にあります。

 

サンフランシスコの湾に浮かぶ小さな島(東京ドーム6個分)は

周囲を7℃~10℃の冷たく速い潮流に囲まれ、

サンフランシスコ本土までは約2.4kmもあり、

当時、絶対に泳いでは脱出が出来ないと言われていました。

 

収監されていたのは、通常の犯罪者ではなく

他の刑務所で更生できなかった凶悪犯や脱獄の常習犯が中心だった

と言われています。

 

学校のプールの水温が20~22℃ですので、

さらに速い潮流のもと2kmも泳ぐのは、ほぼ不可能ですね。

 

f:id:yukibata:20160425220514j:plain

 

当初は軍事刑務所だった

 

軍事刑務所とは、戦争犯罪などを起こした軍人や戦闘員を

収容するための刑務所です。

 

1863年ごろから軍事刑務所として利用されはじめ、

軍による主導のもと、管理をしていたが、

やがて1906年ごろから一般の受刑者も収監されるようになった。

 

しかし、世界恐慌のあおりを受け、

本土からの水や食料の供給などのコストを支えることが出来ず、

1933年に軍事刑務所としての役割を終え

1934年からは、軍から連邦司法省に移管された。

 

連邦刑務所としての時代

 

1934年に、連邦刑務所としての役割がスタートした。

連邦刑務所とは一つの州にとどまらない

国をあげての刑務所のようなものです。

 

このころから凶悪犯を収監しはじめ、

脱走対策としての設備が整ってきました。

 

f:id:yukibata:20160425214343j:plain

 

刑務所の中では、衣・食・住・医療が与えられたが、

レクリエーションや面会といったものは、

努力によって限られた者だけが許される特権でした。

 

連邦刑務所としての機能は

1934年から1963年までの約30年間でしたが、

その間に、14回の脱獄計画が練られていました。

2年に1回くらいあったということですね。

 

アルカトラズから脱獄に成功した者はいるのか

 

結論から言うと、不明です。

記録によると3人の受刑者が刑務所から姿を消しているのですが、

果たして無事に本土までたどり着いた者がいるのか

いまでも分かっていません。

 

船が乗っ取られたことはありませんし、

泳いで渡った可能性が一番高いのですが、

無事に泳ぎ切ったかは不明です。

体力が尽きて亡くなった可能性もあります。

 

f:id:yukibata:20160425215817j:plain

 

脱走をしたのはこの3人

彼らはひそかに人間の首の模型を作成しベットの上に置き

脱走計画を実行しました。

 

f:id:yukibata:20160425220030j:plain

 

そのため、見回りの看守が彼らの脱走に気付くのに

時間がかかってしまったのだと言われています。

 

脱獄が実行されたのが1962年ですので

もしかしたら、いまもどこかで生きている可能性もあります。

 

f:id:yukibata:20160425220904j:plain

 

収監されながらも、

わずか2.4km先のビルの立ち並ぶ本土を見つめていると

自由を手にしたくなったのかもしれませんね。

 

 

おわり

 

[Image From]
http://www.familytree.com/blog/names-at-alcatraz/
http://www.bbc.com/news/science-environment-30349106
http://www.sanfrancisco.travel/ja