ゆきばた

ゆきばたの果てしない戯言

震度とマグニチュードの違い

 

地震の恐怖と隣り合わせの日本

地震について正しい知識を身につけること

災害対策の第一歩だといえます。

 

今回は、地震速報でよく耳にする

「震度」と「マグニチュード」の違いをメインに

書いていこうと思います。

 

f:id:yukibata:20160517233003j:plain

 

震度とは

 

一言でいうと「揺れの大きさ」です。

揺れが大きければ、震度の数値も大きくなります。

 

震度の数値は10段階あります。

震度0から震度4までの5段階と

震度5弱、5強、6弱、6強、7の5段階

あわせて10段階です。

 

f:id:yukibata:20160517233547j:plain

 

一般に、震源に近いほうが揺れも大きいので

テレビなどで一番大きな数字が書いてある地域が

震源に近いなと判断します。

だいたいはそれでOKですが、

実際は地盤の強さなどで「遠いけど大きい数字」が

でている場合もあります。

 

震度は「揺れの大きさ」と書きましたが、

具体的にどれくらいの揺れなのか表現してみます。

 

震度0  人は揺れを感じない

震度1  屋内で揺れに気づく人がたまにいる

震度2  屋内で半数以上の人が揺れに気づく

震度3  屋内でほぼみんなが揺れに気づく

震度4  揺れに驚き、バランスの悪いものが倒れる

震度5弱 恐怖を感じ、本棚の本が何冊か落ちる

震度5強 人が歩けない、本棚の本の半数が落ちる

震度6弱 人が立てない、固定していない家具が倒れる

震度6強 人は動けない、家具は全て倒れる。木造の一部が崩壊。

震度7  鉄筋コンクリートでも耐震性の弱いものは倒れる。

 

以上が10段階のイメージです。

震度5弱を超えると、人は移動することを放棄します。

 

震度8以上は存在しません。

どんなに揺れても震度は7です。

なので震度7とは、これ以上ない揺れの大きさ

ということになります。

 

マグニチュードとは

 

一言でいうと「地震のエネルギーの大きさ」です。

揺れの大きさとは別の考えです。

 

地震は、溜まったエネルギーが「ドーン」と

一気に放出されることで揺れを引き起こします。

その解き放たれたエネルギーの大きさが

マグニチュードとなります。

 

もう少し具体的に見ていきましょう。

 

解き放たれたエネルギーが100とします。

震源にいると100の揺れを感じるでしょう。

震源から遠ざかると感じる揺れは

90、80、70・・・・と減っていきます。

距離が遠ければ遠いほど揺れは小さいです。

 

しかし、震源というのは地中です。

なので、極端な話、地中奥深くが震源である場合、

その真上にいても、大きな揺れを感じない

ということもありうるわけです。

 

f:id:yukibata:20160517233600g:plain

 

震度と違って、マグニチュードは

理論上の数値に上限はありません。

(数学的な計算式が入ってくるので詳細は割愛)

 

マグニチュードは1上がるごとに先ほど述べた

エネルギーが約32倍(正確には31.62倍)

になります。

マグニチュードが2上がるとエネルギーは

なんと1000倍になるのです。

 

つまり、

マグニチュード5は4の32倍

マグニチュード6は4の1000倍になるのです。

 

あまりピンと来ないかもしれませんが、

マグニチュードとはエネルギーの規模の大きさ

を表していると覚えておきましょう。

 

震度のマグニチュードの違い

 

震度は「揺れの大きさ」

マグニチュードは「エネルギーの大きさ」

です。

 

震度は、揺れる大きさは場所によって異なりますが、

マグニチュードは震源が放ったエネルギーなので

値は1つに決まる。

ということになります。

 

今後も、地震については調べ、アップしていきます。

 

 

おわり

 

 

[ImageFrom]
http://www.bbc.com/news/business-36069349
http://officehit.biz/number
http://www.skr.mlit.go.jp/bosai/bosai/tounannkai/kisochishiki/tunamikankei/magunicyuudo/magunicyuudo.html