読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきばた

ゆきばたの果てしない戯言

ごま油うがいの方法、美容効果アリの理由とは?

調べてみた

 

うがい してますか?

人は呼吸をしなければ生きていけません。

生命を維持するために重要な部分、それが喉(ノド)です。

 

ノドを潤(うるお)い、かつ清潔に保つことで

風邪を引きにくくなります。

そしてまた、それだけでなく活力的に生き、

美容効果を高めることが出来るのです。

 

f:id:yukibata:20160621225754j:plain

 

そんな今回は、とある特殊な「うがい」について書きます。

それが「ごま油うがい」です。

 

ごま油うがいとは?

 

このフレーズを聞いただけですと、

ノドが油でギットギトになるイメージを持ちますよね。

 

では、一体、何を使ってうがいをするのか。

もちろん「ごま油」です(笑)

 

ごま油でうがいをすることで様々な効果が得られると

最近(一部で)話題になっています。

 

どのようにうがいをするのか

 

ごま油を買ってきて、口に含んでうがい。

とはちょっと違うようです。

 

まず、使用するのは、

通常のごま油ではなく「白ごま油」というものです。

料理に使うごま油に比べて、薄く透明なのが特徴です。

 

f:id:yukibata:20160621230023j:plain

 

やり方はこんな感じです。

 

1:100℃~120℃まで温める

 

温めることで、セサモールという成分が多く生成されます。

ゴマ(=セサミ)というところから来ているのでしょうか。

このセサモールは、

抗酸化作用を持ち、美容効果が高いとされています。

ちなみに、ゴマ油を温める行為を「キュアリング」といいます。

 

2:冷まして容器に移し替える

 

温めることができたら、火を止めてあら熱をとります。

ある程度、冷めてきたら瓶などに入れて保管します。

(遮光瓶があればより良いみたいです)

うがいをするたびに温めるのではなく、

一度にある程度の量を作って瓶に保管することが出来ます。

1~2ヶ月は余裕で持つとのことです。

 

3:うがいをする

 

大さじ1杯ほどのごま油を口に含みます。

歯磨きをした後のぶくぶくうがいのイメージです。

ぶくぶく20秒、がらがら20秒でOK

終わったら、油感が無くなる程度に水でかるーく

ゆすぎましょう。

 

これで完了。

頻度は、出来れば毎日、無理なら週2,3くらいが

良いとされています。

 

ごま油うがいにはどんな効果がある?

 

うがいといえばノドの保湿ですが、

それ以外にもたくさんの効果があります。

 

 ・歯周病予防

 ・口臭予防

 ・白髪、脱毛予防

 ・シミ、しわ予防

 

などです。

たとえば、シミやしわの原因は、紫外線やストレス

によって発生する活性酸素といわれています。

ごま油に含まれる「ゴマリグナン」という物質が

活性酸素の活発な働きを防いでくれるのです。

 

f:id:yukibata:20160621230303j:plain

 

ごま油には、流行りの

「アンチエイジング」「デトックス」といった効果が

秘められているのですね。

 

けれども、なぜうがい?

 

なぜ、うがいにこだわるのでしょうか。

ごま油がカラダに良いのなら、食べればよいじゃないかと。

 

もちろん、食べても問題ありません。

が、食べるより、うがいの方が効果が高いということです。

 

人間は食べて胃に入れるだけでなく、

舌の裏にある繊維や口の中の粘膜からも

高い吸収力で養分を取り入れることが出来るのです。

ごま油にとっては、このやり方の方が高い効果を得られるのです。

 

さっそく白ごま油を買ってチャレンジ!

というよりかは、あれば試してみるというくらいで

始めるのがちょうど良いかと思います。

 

f:id:yukibata:20160621230422j:plain

 

 

おわり

 

 

[ImageFrom]
http://www.stylecraze.com/articles/benefits-of-salt-water-gargle/
http://iko-shop.net/?pid=14658154
http://antiaginghabits.com/
http://guthealthproject.com/21-warning-signs-your-body-needs-to-detox/