読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきばた

ゆきばたの果てしない戯言

アジャイル式の朝礼を実施した感想とやり方

 

チームとして働く以上、情報共有は大事な要素です。

情報共有が正しく行われているチームは

「強いチーム」といっても過言ではないと思います。

 

アジャイルプラクティスで最も取り入れやすく

かつ話題に上がりやすいのが「デイリースクラム」です。

 

ここでは、朝礼という言葉でお話します。

(朝にやるとは限らないものですが、大体朝なので)

 

f:id:yukibata:20160626174614j:plain

 

ここ最近「朝礼の意味とは何か」について

もう一度考える機会があったので書いてみます。

 

アジャイル式の朝礼とは

 

文字通り、朝みんなで集まってやるもの。

一日の仕事始めとして朝礼をやったら仕事スタート

という位置づけをしている方も多いかと思います。

 

アジャイルを導入したというチームでは

大体こんな感じで朝礼を進めていると思います。

 

朝集まって以下の報告

 ・昨日やったこと(コミット実績)

 ・今日やること(コミット予定)

 ・共有事項や相談事項

 

おおよそこれで問題ないと思いますが、

なぜそれをやるのかという疑問を一度頭の中で

通しておく必要があると思います。

 

f:id:yukibata:20160626174753j:plain

 

一般的な回答として

上記3つの項目を話題に取り上げておけば問題ない

というか大体のケースはそれでカバーできている

と思います。

 

私が日ごろ意識している

「100の時間で100の結果を出す」のではなく

「50の時間で80の結果を出す」という意識は

これで達成できると思います。

 

なぜなら、

どのチームに対しても結果が出るこのやり方は

いわばテンプレートのようなものだからです。

 

ただ、この3つを実施したことで

「アジャイル式朝礼を達成している」という

勘違いに浸っている危険性を忘れてはいけません。

 

朝礼が形骸化をしていないか

 

形骸化とは

「誕生時から時が経ってしまい、形式だけが残ることで

実質的な意味合いが薄れ、喪失していること」

を指します。

 

つまりは

「なぁなぁになっている」とか

「なんとなくでやってしまっている」です。

 

f:id:yukibata:20160626175031j:plain

 

デイリースクラムのように

「朝礼としてのルールを作る」ことはとても大事です。

しかし、ルールというのは負の側面も持っています。

 

ルールは、余計なことを考えない省エネツールにりますが、

逆に言うと、余計なことを考える機会を失うという側面を

意識しておく必要があります。

 

何のためにやっているんだっけ

どうしてこの形になっているんだっけ

 

こういった問題意識やリスク検知の意識を

持っていなければ、ただやるだけ

という危険性が待ち構えています。

 

振り返りをすること

 

プロジェクトが終わったとき

あるいは、一定期間の作業の区切りとして

「振り返り」を実施しているチームも多いと思います。

 

そこで朝礼自身を振り返るということをしているチームは

一体どのくらいあるでしょうか。

 

f:id:yukibata:20160626175229j:plain

 

朝礼は無駄なことを考えずパターン化できている

と考えるのではなく、

存在価値が薄れていないかを考え直す機会

振り返りで設けることをオススメします。

 

朝礼の価値を見直すポイント

 

自分たちが実施している朝礼が

どの程度プロジェクトに対して意味を持っているか

これをメンバー間で話し合ってみましょう。

いくつかポイントを挙げます。参考にしてください。

 

1. 今日の朝の隣の人の報告を覚えているか

 

朝礼にはファシリテータが存在するケースが多いですが

ファシリテータではないメンバーが別のメンバーの報告を

ちゃんと覚えているでしょうか。

 

ありがちなこととして、

ファシリテータやリーダーに報告している

というケースが多々目立ちます。

 

ファシリテータに向けて報告をするあまり、

ファシリテータではないメンバー間の情報伝達度が

きわめて低いことがあるのです。

そんな状況であれば、日報でも出せば十分ですし、

全員が全員の情報を把握するという大事な目的を

果たすことが出来ていません。

 

2. 最近、課題が出てこない

 

朝礼が慣れてくると

「後で報告すればいっか」や「個別に相談しよっかな」

なんて考えるメンバーが必ずといっていいほど出てきます。

 

なぜか、

「恥ずかしがったり躊躇している」という理由もありますが

時間的制約によってプレッシャーが掛かっている

というケースをよく目にします。

 

おそらく「朝礼は10分」などという決まりを

朝礼導入者がどこかのアジャイルの本などで見て

勝手に設定してしまったことが原因だと思います。

 

時間的な制約はあくまで

「効果的に行うため」だったり「ダラけないため」

という目的で掲げられているものです。

 

もし、この時間的制約によって

「メンバーの共有の欠損」や「相談事項の喪失」

に繋がっているなら、時間的制約を見直すべきです。

 

朝礼の大きな意味として

メンバーが行うチームへのコミットを明確にし、

プロジェクト実施をスムーズにしたり

リスクの軽減をするという目的があります。

 

メリハリをつけるために短時間で行うとはというのは

あくまでオマケです。

そういう点も意識しましょうねという位置づけです。

「短時間で終わらせるために立って朝礼!」

という方法論も分からなくはないですが、

あくまで主題に目を配りましょう。

 

3. 報告があいまいな人がいる

 

コミュニケーション能力は個人差があります。

苦手な人が正しい報告が出来るようにするのも大切です。

 

ちゃんとフォローしましょう。

あいまいを見逃すと他のメンバーに感染します。

 

 ・もう少し具体的に話す(数字を出す意識をしましょう)

 ・あいまいな表現をしない(「ちょっと」「だいたい」)

 ・準備時間を作ってもらう(まずはメモに書いてこよう)

 

など、対策はいくらでもあります。

報告が苦手なメンバーもいますから、

どうすればみんなに正しく伝わるかを話し合いましょう。

 

4. 長く話す人がいる

 

こんなメンバーがいます。

「昨日はxxxをやって、今日はxxxをします。

あ、ちなみになんですけど・・・・」

といった形で、議論が始まってしまうケースです。

 

まだ他のメンバーが共有を控えているのに

あれこれ話し合いがスタートしてしまうのです。

 

こうなってしまうと

メリハリの欠損、次の人の共有内容に影響がでる

というリスクが存在します。

 

そういう場合は

最初の共有タイムは「昨日やったことと今日やることだけ」

課題点の共有はその後で実施というやり方もあります。

ファシリテータの出番です。

 

朝礼の改善はいくらでもある

 

上記の問題点をまとめるとこんな感じです。

 

 ・個人宛に共有していないか?

 ・ちゃんと朝礼で課題が出ているか?

 ・あいまいな報告がないか?

 ・個人の報告と全体の報告の定義はあるか?

 

細かい問題もありますが、

大まかなチェックポイントになるかと思います。

 

f:id:yukibata:20160626175507j:plain

 

朝礼の大儀は

「全員に正しく情報が伝達すること

それによってプロジェクトをスムーズに進行したり

リスクの早期発見が出来ること」

です。

 

業務開始の起爆剤を朝礼に求めているなら

時間開始にハイタッチしてスタートしたほうが

よっぽど気合が入ると思います。

 

メンバーの性格は人それぞれです。

個々人が気持ちよく素直に共有をすることを

ファシリテータだけでなく全員が意識しましょう。

 

問題の解決がスムーズに行くケースは稀です。

「あちらを立てればこちらが立たず」

という状況は日常茶飯事です。

 

でも、チームの個性に合わせて

自分たちのチームに必要なのは何かを

全員で話し合いましょう。

 

f:id:yukibata:20160626175737j:plain

 

日々の業務の中でクリアに情報共有が出来ていれば

朝礼なんて必要のないものだと思っています。

それが出来ないからベストプラクティスとして

朝礼を導入しているのです。

 

どうせやるなら、どんどん改善しましょう。

 

そして楽しくやりましょう。気持ちも大事です。

朝礼がキライというメンバーはいませんか?

メンバーから朝礼のフィードバックを得ていますか?

 

「朝礼をすると仕事がスタートする気がする」

というメンバーがいるのなら

最後に掛け声をやってみましょう!

 

スクラムってみんなが1つの方向を見るもの

じゃなかったでしたっけ?

 

朝礼の見直しによって、

一人でも気持ちが楽になり情報量が増える

ことを願っています。

 

 

おわり

 

 

[ImageFrom]
https://www.glassdoor.com/Photos/PrestaShop-Office-Photos-IMG392361.htm
http://www.socialmediatoday.com/social-business/smanning1000/2015-05-21/why-thinking-long-term-critical-when-choosing-social-media
http://www.allenbuild.co.uk/supply-chain-partners.php
http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/04/whatever-you-do-do-not-look-back-it-just-might-destroy-you-if-you-do-videos-included-2460138.html
http://www.edmontonemergencydentist.com/blog/a-dental-checklist-for-your-trip
http://blog.smartsavvy.com/employer/leaderlounge-scrum/